FXとは?

FXは最近では世間でもかなり認知されており、聞いたことはある方が大多数だと思います。

改めて説明すると、FXとは、「Foreign Exchange」の英略であり、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

各国の通貨(為替)を売買することで得られる差益を目的とした金融商品の1つです。

例えば1ドルの価値が100円のときに、100万円をドルに交換すると、1万ドル得られます。

その後、1ドルの価値が110円になったときに、先ほど交換した1万ドルを円に交換すると、110万円となり、10万円の利益を獲得することが可能となります。

一方、1ドルの価値が90円のときに、上述の1万ドルを円に交換すると、90万円となり、最初持っていた100万円と比較して、10万円損することとなります。

このような通貨の価値の変動を利用して差益を得ることを目的としたものがFXです。

ではどうして通貨の価値は変動するのでしょうか?

通貨は各国の経済状況、金利あるいは政治情勢等の影響によって、常に通貨の売り手と買い手の需給バランスが変化しており、それによって価格が形成されるため、買い手が多い場合は価値が上昇し、売り手が多い場合には価値が下落します。即ち、売り手と買い手の需要によって、通貨の価値が常に変動するためといえます。

そこで、FXで稼ぐためにはどうすれば良いでしょうか?

答えは単純で、通貨の価値の変動を予測して利益が得られるように取引することです。

このように、原理は簡単なのですが、実際に通貨の値動きを予測することは簡単なことではありません。

なぜかというと、上述したように為替の変動要因は様々あります。例えば各国の金利が変化することで、為替は変動することが多く、一般的に金利が高くなった国の通貨は上昇する傾向にあります。

他には、各国政府の財務相や中央銀行幹部などの要人が発現することで為替が変動することもあります。

また、GDPや貿易収支などの経済指標が発表されることでも変動します。

そして、戦争やテロ、災害などの影響も無視できません。

これらの事象が複雑に絡み合うことで為替が変動し、さらに同じ事象が起こった時に、市場の参加者がどのような判断をするかは人それぞれであり、それによって需給が決まるため、予測することはかなり難しいといえます。

では、FXで安定的に稼ぐためにはどうすれば良いでしょうか?

私は、FXにおいて絶対に稼ぐことが出来るというような方法は存在しないと考えています。しかし、様々な手法を駆使することで、稼げる確率を上げることは可能であると考えています。

私はFXを始めて4年目になりますが、1年目は年間7万円の利益を獲得することが出来ました。

そして、2年目3年目はそれぞれ年間約20万の利益を獲得することが出来ました。

2017年はFXを始めて4年目になりますが、更に高い利益を稼ぐために日々努力しています。

本ブログではトップページでも話した通り、FXの基礎を始めとして、私が考えるFXでの稼ぐ確率を高める方法を紹介していきたいと思います。具体的な手法については、各ブログのほうに更新していきますので、そちらを参照ください。

 

更新日:

Copyright© FXシストレと確定拠出年金運用ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.