トライオートFX

自動売買トライオートFXの実績をブログで公開(2020年2月)

投稿日:

当ブログでは、インヴァスト証券が低ようするFX自動売買システムの1種であるトライオートFXの運用実績を公開しています。

トライオート

2020年2月のトライオートFXの運用結果報告についてご報告します。

運用条件

私は、現在ドル円の通貨ペアとユーロ円の通貨ペアを運用しています。

それぞれの運用条件について説明します。

ドル円

ドル円の運用条件は、下記の2通りの条件を運用しています。
<条件1>
ポジション買い
ロット数2000 通貨
105円~110円の間で、10 pips間隔(10銭間隔)でポジションを保有し、10 pipsの利益で決済
<条件2>
ポジション買い
ロット数1000 通貨
100円~110円の間で、15 pips間隔(15銭間隔)でポジションを保有し、15 pipsの利益で決済

ユーロ円

ユーロ円の運用条件は、下記の2通りの条件を運用しています。
<条件1>
ポジション買い
ロット数1000 通貨
114円~119円の間で、10 pips間隔(10銭間隔)でポジションを保有し、10 pipsの利益で決済

<条件2>
ポジション売り
ロット数1000 通貨
122円~130円の間で、10 pips間隔(10銭間隔)でポジションを保有し、10 pipsの利益で決済

2020年2月運用実績

2020年1月の運用結果は24,618の約定利益を得ることが出来ました。

内訳としては決済利益が23,818円分、スワップ利益が800でした。

2月後半はコロナウイルスの影響で円高となったため、下落の際にドル円の通貨ペアが決済されて利益を得ることが出来ました。

ユーロ円に関しても円高が進行した影響で一部ポジションの決済が行われました。

2月の後半からは急激な円高が進行しているため、ポジションを多く持っている状態です。

損切にならないよう資金には気を付けていきたいです。

その他

トライオートFXは基本的に資金が尽きない限り損切は行いませんので、必ずプラスの収支となります。

シストレ24や確定拠出年金の運用結果報告と同様に報告書のようなものを添付しようかと考えましたが、個人情報の欄を編集するのが大変であるため、申し訳ありませんが数字のみの報告となります。

どうしてもご覧になりたい方は、個人的に御連絡頂ければと思います。

本ブログでは、運用結果に関して引き続き随時公開していきますので、よろしくお願いいたします。

-トライオートFX

Copyright© FXシストレと確定拠出年金運用ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.