シストレ

シストレ24のスプレッドは高い?他社と比較して検証!

更新日:

インヴァスト証券が提供する自動売買システム「シストレ24」は、様々なストラテジーが選択可能で人気のある自動売買プラットフォームです。

一方で、シストレ24はシステムトレードを提供している他社と比較してスプレッドが高いとの声もあります。

本記事では、シストレ24のスプレッドを他社と比較してみました。

シストレ24と各社のスプレッド

シストレ24のスプレッドに関しては、カバー先金融機関から提示されたレートをベースに提供されています。

そのためスプレッドは市場の流動性の変化に応じて変動しているため、実際の提示レートおよびスプレッドは取引画面から確認しなければなりません。

その他のシステムトレードを提供する会社も基本的に変動スプレッド制であるため、比較は難しいですが一覧にしてみました。

 

 

 

 

 

 

(2020年2月調べ)

この図を見ると、シストレ24のスプレッドは高く取引コスト的には他社に比べ不利だということが言えます。

しかし、スプレッドは基本的に常に変動しているので、相場の状況等によってはスプレッドが逆転したりすることもあると思います。

シストレ24のスプレッドが高い理由

シストレ24のスプレッドが高い理由は、充実したサービスを展開するために必要コストが高くなってしまうからです。

シストレ24は業界でもトップクラスに数多くの自動売買ストラテジーを選択可能であることから、その分管理費やサーバー代等の維持コストがかかってしまいます。

つまり、スプレッドが高いのは、充実したサービスの裏返しということになります。

では充実したサービスというのを具体的に説明します。

スマホでも取引が可能

実はミラートレーダ等の自動売買を行うプラットフォームはスマホが対応していない場合がほとんどです。

しかし、シストレ24はスマホからでも取引が可能で、外出先でも安心できることが非常に重要なポイントです。

特に、専業トレーダーの方じゃない場合は、常にパソコンの前で貼りついて相場を見れるわけではありません。

そんなとき、スマホからでも取引が出来れば、空いた数分間の間で決済やストラテジーの稼働を停止することが出来るのです。

豊富なストラテジーから自分の好きなものを選択可能

シストレ24は、搭載している自動売買ストラテジーが業界最多であり、世界中のプロが作成した6,000以上の売買プログラム(ストラテジー)を搭載しています。

このストラテジーの中には、自動売買で世界的に有名なTradency社のものが多数あり、それ以外にも国内外の選りすぐりの業者が開発したプログラムを選択可能です。

相場は常に変動し、その時々によって有効なストラテジーは変化していきます。

そんなとき、豊富なストラテジーを選択可能であれば、どのような相場においても利益を狙うことが可能となります。

選び方が分からない人でもフルオート機能で自分にあったものを選択可能

豊富なストラテジーがあったところで、適切なものを選ぶことが出来ないという方もいると思います。

そんな方にもシストレ24はおすすめで、それはフルオート機能というものがあるからです。

フルオート機能とは、プログラムを自動で入れ替え、相場に適した好調なプログラムを選択してくれる機能です。

フルオート機能は、設定によって自分好みの選択にも出来ますし、他の方が作った設定で運用することも可能です。

様々なフルオートの成績が常に公開されているため、その中から調子の良さそうなものを選ぶのも良いですね。

スプレッドが高くてもシストレ24を選択する理由

上述の通り、シストレ24はスプレッドが高いことが分かっています。

しかし、それは様々な充実したサービスに付随したものであることを説明しました。

なので、私はシストレ24をスプレッドが高くても使っており、実際に利益を挙げることが出来ています。

ブログの別記事でも紹介していますが、2017年は10万円程度、2018年は16万円程度、2019年は1万円程度の利益を挙げています。

FX自動売買シストレ24のストラテジー「QuickShift」の2019年運用実績をブログで公開!

そして、シストレ24をスプレッドが高くても使っている理由として、上述した理由以外にも大事な理由があります。

それは、スプレッドの影響をそもそも受けにくいストラテジーがあるということです。

スプレッドの影響を受けにくいおすすめのストラテジー

スプレッドは取引数が多くなることでその影響が大きくなり、また利幅が狭いトレードにはスプレッドが重くのしかかってきます。

つまり、スキャルピングを行うような自動売買は、スプレッドの影響をかなり受けるため、シストレ24で運用するのは厳しいということです。

つまり、スイングトレードで大きな利益を狙うような自動売買を選択すれば、スプレッドの影響をそれほど受けずに運用することが可能なのです。

スイングトレードで利益を狙う自動売買プログラムは数多くあるのですが、その中でもおすすめは「QuickShift」というストラテジーです。

こちらのストラテジーは、トレーデンシー社が提供するスイング型ストラテジーで、保有最大ポジションは1つであり、勝率はそれほどですが1回の利益が大きいタイプ、即ち「損小利大型」のストラテジーです。

このストラテジーは長年の運用で安定的に利益を出しており、本ブログでもQuickShiftを全通貨ペア(22種類)で運用した実績を常に公開しています。

シストレ24のQuickShiftの通貨ペアは22種類、おススメの運用は?

ですので、シストレ24のおすすめの運用方法は、QuickShift等のスイング型ストラテジーを運用する方法であると言えます。

最初は口座開設を行い、どのような機能が使えるのか確認するのもあり

ここまでシストレ24のスプレッドとその魅力について説明してきましたが、「興味はあるけどよく分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういった方は、口座開設自体は無料で行えるので、実際に口座開設してみて、色々な機能を確認してからトレードを行うのが良いと思います。

いきなりトレードを行っても良いのですが、せっかくある数ある機能やストラテジーを使いこなせないと、もったいないですね。

口座開設はインヴァスト証券の公式ページや、下記の広告からも簡単に出来ますので、ぜひ一度色々といじってみて下さい。

今なら条件達成でキャッシュバックもあり大変お得です。

インヴァスト証券

-シストレ

Copyright© FXシストレと確定拠出年金運用ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.